あがり症の原因について

スポンサード リンク

あがり症という病気がありますが、なぜそうなってしまうのでしょうか?

専門家によると、あがり症になってしまう原因は、いくつかのタイプに分けることができるといいます。

まずは性格からくるものです。

スポンサード リンク

人間は、他人が自分をどう評価しているかということを多少なりとも気にするものです。しかし中には、異常なまでに強く「人からよく見られたい」という意識を持ってしまう人もいます。そういった人は、過剰に自分をデコレーションしようとします。これが逆に「失敗したらどうしよう」という意識を生み出し、あがってしまうわけです。

またあがり症は、トラウマが要因となっていることもあります。幼児期などに経験をしたことで、特に人前で話すことについての経験が関係をしてくるといいます。例えば、「もっと大きな声で話さないとだめでしょ!」と言われた子供は、話すことについて、コンプレックスを持つ可能性があります。そのことで、人前に出ると、あがる状態に陥りやすくなるわけです。

またちょっとした罪を犯すことによって、あがりやすくなることもあるといいます。別に罪といっても、法律を犯して、処罰されるような重大なものではありません。しかしいわゆる「良心の呵責」によって、いつまでもその罪にさいなまれることもあります。例えば、その罪の意識を話をするときに持ってしまった場合には、次に話をするときにプレッシャーになってしまいます。結果、人前で話すときに、ひどくあがってしまうわけです。

心理的なプレッシャーがあがり症の原因になるといえますね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加