悪玉菌を減らすには…ヨーグルトや乳酸菌を摂取する方法がおすすめ

スポンサード リンク

悪玉菌を減らすには

便やおならのくさい臭いの元を作る悪玉菌。善玉菌を増やすには「乳酸菌」ですが、悪玉菌を減らすには、悪玉菌が好きな環境を作らないことが第一です。悪玉菌が繁殖しない環境を作ることが減らすことに繋がるのです。

ということで、悪玉菌の棲みやすい環境を作らないことが便の臭い解消になります。

悪玉菌が増えやすい環境を作る原因は、肉類の多い食事、野菜不足から来る食物繊維不足、運動不足、暴飲暴食、不規則な生活などです。これらに気をつけることが悪玉菌は減らす方法になるのです。

肉類はほどほどに(可能なら肉断ちをする)、食物繊維を多く摂るようにし、適度な運動を心がけましょう。特別難しいことではありませんので、さっそくスタートしてみましょう。悪玉菌を減らす生活を始めてみてください。

何もしないと、悪玉菌は便やおならの臭いを臭くするだけでなく、アンモニアなどの有毒ガスを発生させ、体外に放出させたりします。また発がん性物質を生成するので、この毒素のせいで体の不調を引き起こし、病気にかかる原因にもなります。

1日でもはやく悪玉菌が増やしすぎないようにしましょう。

ヨーグルトなどの乳酸菌もおすすめですよ。というのも善玉菌が増えるからです。ヨーグルトなどの乳酸菌はコチラも御覧ください。⇒便が固い、臭いときは乳酸菌も大事 便と乳酸菌の関係

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加