アルコールが不眠の原因になる理由、お酒はやめましょう

スポンサード リンク

薬やアルコールが原因となって、不眠症が起こることがあります。特にアルコールは、不眠症の原因となりやすいです。

中でも、中途覚醒の原因となりやすいのです。というのもアルコールには多量の水分が含まれ、アルコールを摂取すれば誰でも頻尿になります。それが就寝前にアルコールを摂取することで、夜中に頻尿になってしまうのです。

これがお酒が不眠になる原因です。

スポンサード リンク

中には、寝酒がちょうど眠りを促進してくれるという方もいます。確かにアルコールを飲むと眠くなるのも事実です。ですが毎日のように繰り返しアルコールを飲んでいると、免疫がつきやすく次第に量が増えていきます。そのため、更に頻尿になりやすく中途覚醒もおきやすくなってしまうのです。

また、アルコールが原因の不眠症として早朝覚醒もあります。就寝前のアルコールは、できるだけ避けましょう。少なくとも就寝3時間前までには、アルコール摂取を終わらせるようにしてください。

また、コーヒーなどのカフェインもおすすめしません。カフェインには眠りを妨げる効果がありますので、夕方からはカフェインの入っていないものを飲むようにしましょう。

寝酒が癖になり、アルコール依存症まで発展してしまう場合もあります。身近にそういった人がいる場合は、アルコール依存症回復のための自助グループなどに連絡して、周りの人が協力しながら依存症を治していくことをおすすめします。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加