便が臭い原因や改善について、悪玉菌をなんとかしよう

スポンサード リンク

便やおなら(ガス)のくさい臭いの原因は「悪玉菌」「有害ガス」です。

もし便秘でお悩みなら、まず老廃物である便を体外に排出する=便秘解消が先決です。

また便秘でなくとも便やおならがひどく臭うなら、腸内は善玉菌が少なく悪玉菌優勢になっています。肉類の多い偏った食事をしていませんか?肉は特に有毒ガスが多いため腐敗臭がキツく、体内を有毒ガスで充満させるため、ガンの原因にもなりやすいのです。

ですので肉は避けて(可能なら肉断ちする)野菜を多めに食べる生活にしましょう。

スポンサード リンク

便の臭いを解消,改善する方法

便が臭くなる原因は「悪玉菌」

便は体内の老廃物ですが、便やおならの臭いの原因となるのが「悪玉菌」です。

腸内には、いろいろな細菌が存在しています。

よく聞くのが「悪玉菌」と「善玉菌」です。腸内細菌は実際、百種類百兆個以上あるといわれていますが、大きく分けると、人間にとって都合のよいのが「善玉菌」、悪さをして困るのが「悪玉菌」です。

腸内で善玉菌が優勢だと、便秘とは無縁の健康的な腸といえますが、悪玉菌が強くなると、便やおならの臭いが臭くなってきます。悪玉菌が増える理由には、さまざまな原因が複雑に絡みあっていますが、主に不規則でアンバランスな食事やストレス、睡眠不足などが悪玉菌を増やす元となります。

赤ちゃんの腸内は無菌状態ですが、次第にいろいろな食べ物を食べるようになると悪玉菌が増えるようになります。子供の腸内は善玉菌のほうが多く、年をとるにつれ、悪玉菌が多くなっていきます。

放って置くと、悪玉菌はどんどん増えていきますので、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす努力をすることで、便やおならの臭い解消へとつながります。

悪玉菌が増えすぎると体の不調や病気の原因になります

便やおならの嫌なにおいの元は、腸内に増えすぎた「悪玉菌」です。腸内に悪玉菌が増えすぎると、体の不調や病気を引き起こす原因にもなります。

便やおならのにおいは単ににおいだけでなく、有害なガスも排出しています。

悪玉菌が出す有毒ガスには、アンモニア、揮発性アミン、フェノール、インドール、スカトールなどがあります。これら有害ガスは、発がん性物質(ニトロソアミンなど)や細菌毒素などを生成します。

頭痛や肩こり、便秘と下痢の繰り返しなど体の不調や、ガンなどの病気を引き起こすこともあります。

また悪玉菌の中には、「カンジダ」というカビの一種も含まれています。カンジダは通常腸内に存在し、善玉菌とバランスを保ちながら共存しています。

しかし、肉類の多い偏った食事や運動不足、食物繊維の不足、食べ過ぎ飲み過ぎ、不規則な生活などの原因から善玉菌が多く死滅し、悪玉菌が優勢になることがあります。

するとカンジダ菌も数を増やし、いろいろな悪さをするようになります。外陰部にかゆみを伴う、女性がかかりやすい「膣カンジダ」などは、便やおならが放つ有害ガスに含まれるカンジダ菌が原因にもなります。男性のカンジダ症も同様のことが言えます。

よって、便やおならのにおいをそのまま放置しておくと思わぬ炎症や病気にかかる可能性も少なくありません。

はい、ということで…

  • 便やオナラが臭いのは悪玉菌が優勢で便から有毒ガスが充満しているため
  • 改善のためには肉断ち、野菜を沢山の食事、食べすぎない。
  • 運動不足解消する。規則正しい生活。
  • なおかつ、善玉菌をサプリメントなどで増やしてサポートする。

という具合ですね。他にも記事を書いていますので御覧ください。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加