便が固い、臭いときは乳酸菌も大事 便と乳酸菌の関係

スポンサード リンク

乳酸菌を毎日摂って便の臭い解消

善玉菌といえば乳酸菌、といわれるほど乳酸菌は腸内環境を整え、便のいやなにおいを解消してくれる働きが、とても強いのが特長です。

善玉菌は乳酸菌、便に臭い解消に役立ちます。そんな善玉菌はヨーグルトやチーズなどの乳製品、キムチやすぐき漬けなどの漬け物や味噌、しょうゆなど発酵食品に多く含まれています。

スポンサード リンク

ビフィズス菌も乳酸菌類の一種とされていますね。乳酸菌やビフィズス菌は過去の長い歴史のなかでも、副作用はなく薬との併用による悪影響などの報告はまったくありませんので、安心して日常的に摂ることが出来ます。

乳酸菌類は腸まで生きたまま届いても、そこに棲みつくのではなく体外に排泄される性質があります。

乳酸菌が腸内を通り過ぎるだけで、善玉菌が繁殖しやすい環境が作られるので、十分に整腸作用があると言われています。

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌が便の臭いを解消

乳酸菌類はヨーグルトなら1日200~300g、できれば500gを摂るのが理想的とされています。その菌数は100~200億個に上ります。

数日間~10日間摂り続けることで、腸内環境が改善されますが、食べるのをやめるとまた元の悪い環境に戻ってしまいます。便の臭いでお困りの方は、ヨーグルトは毎日最低でも100gは継続して食べる習慣を持ちたいものです。

乳製品が苦手だという人は、乳酸菌のサプリメントを利用するのも良い方法です。乳酸菌類は、サプリメントでも問題なく摂取することが可能です。

乳酸菌類は、オリゴ糖や食物繊維をエサとして増えていきます。ですので乳酸菌だけをたくさん摂るよりも、オリゴ糖や食物繊維なども一緒に摂ると効果がアップします。バランスが大事なんですね。

ということで、天然オリゴ糖をヨーグルトに混ぜて食べたり、野菜不足にならないよう野菜を多く摂ることを心がけると、便の臭い解消につながります。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加