膀胱炎の原因とは…冷えや原因菌やストレス等が重なって原因になります

スポンサード リンク

私が膀胱炎になったときは、原因は何だろうか?なぜ膀胱炎になったのか?と考えてしまいました。

私の場合いくつかのことが重なっていました。

  1. 冷房からの冷えに弱く、風邪気味で抵抗力が落ちてしまった。
  2. 普段から水分をあまりとらずにトイレの回数が少なかった。
  3. 疲れぎみで弱っていた。

そんないろいろなことなどが私の膀胱炎になった原因(誘因)と感じました。専門の本を見てもやはりこれらが原因になるようです。

スポンサード リンク

膀胱炎の原因とは…冷えや原因菌やストレス等が重なって原因になります

膀胱炎の原因は、尿道から膀胱に細菌が侵入し、増殖することです。膀胱炎の原因で主な細菌は大腸菌ですが、ほかにもブドウ球菌・腸球菌などもあります。慢性膀胱炎の原因で、まれですがウィルスや放射線・膀胱の粘膜に異変がある場合など 細菌の有無にかかわらず起こるそうです。

上記の膀胱炎の原因から、日ごろ気をつけたいものですね。

尿を長時間我慢・下半身の冷え・血液循環が悪く疲れがたまるということに気をつけましょう。

疲れがたまり体調がよくないときに体の抵抗力が落ちるため、細菌が繁殖・炎症を起こしやすくなるんですね。

女性の場合、体の構造上や性交渉などで尿道口に、細菌が入りやすいそうです。

そして性交後・便秘・月経の手当て・大便を拭いたあとの陰部が不潔だったりしても、膀胱炎が起こりやすくなります。

性交後はすぐに排尿をしましょう。

便秘にならないように水分や食物繊維をとり、軽い運動をしましょう。

生理のときは、こまめにナプキンをとりかえましょう。

排便後は、前から後ろに拭きましょう。

下着など清潔を心がけましょう。

普段から水分はたっぷりとり、トイレに行くようにしましょう。

膀胱炎の原因からいろいろと学び、できることから実行してみましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加