膀胱炎の検査の仕方や検査項目を紹介

スポンサード リンク

はじめて膀胱炎の検査をする人は不安だったり、なんだか恥ずかしかったりそれでいて症状に悩まされて辛かったりいやな気持ちですよね。

今は病院の中に、女性泌尿器科というのができているところもあるそうです。

そういうところがあるのは、女性も安心して行きやすくなるのでいろいろな場所にできてくれるといいですね。

スポンサード リンク

今女性が膀胱炎になったときは内科・産婦人科・泌尿器科などの病院で受診されると思います。そして膀胱炎の検査を受けて薬を処方してもらいます。

私が膀胱炎の症状で尿検査をしたときは、職場近くではじめて行った中くらいの大きさの病院の内科でしました。

膀胱炎にはまず尿検査を行うのが一般的です。病院へ行くのはいやでしたが簡単だったので、我慢しないで来てよかった〜と思いました。検査の仕方を知りたい方は参考にしてみてください。基本的に尿を取るだけです。尿を検査した検査項目で判断します。

膀胱炎の尿検査でわかることは、白血球と最近の有無、量や種類などです。正常な場合は、白血球が含まれていません。膀胱炎の人は、たくさんの白血球があるようです。

細菌の培養も行って、細菌の種類を調べたりもします。膀胱炎の尿検査では誤診のないように、出始めの尿を捨てその後の中間尿をとりましょう。

検査前に何度も尿意のたびにトイレに行っていると、尿がなかなかとれないので注意しましょう。

場合によって、カテーテルを尿道〜膀胱へ挿入して、尿をとることもあるようです。また、大腸菌が原因の簡単な膀胱炎なのか・結核性のか・結石や腫瘍などかをみたり、慢性膀胱炎などの場合は内視鏡検査やエックス線検査が必要な場合もあります。

気が進まないかもしれませんが基礎疾患をみつけるためにも、膀胱炎の検査は、とても大事ですね。膀胱炎かな?と思ったら速やかに病院へ行って、検査を受けて早期治療になるように心がけましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加