膀胱炎の血尿の原因は?何科の病院?について

スポンサード リンク

膀胱炎から血尿になってしまったとき、はじめての人は本当にびっくりしてしまいますね。また何度血尿になっても膀胱炎からなっているのか、体は大丈夫かなどとても不安になってしまい慣れることはありません。

膀胱炎になって症状が軽いうちはまだよいのですが、症状が重くなると血尿が目でみてわかるようになることが多いようです。

スポンサード リンク

まだ膀胱炎が軽いうちに治療をすればよいのですが、そのまま何もせずに放置したりすると悪化し血尿になって大変な目にあってしまいます。

膀胱炎を自力で治そうとして水分を多めにとっていたら、どんどん頻尿・残尿感・排尿痛が→排尿後の痛みはなくなるが下腹の痛み・腰痛・(激痛もある)血尿などと症状が変化し結局あわてて病院に行ったりする人もいましたので、自力で治すのは無理があるでしょう。

膀胱炎の血尿は尿に血やカスのようなのが混ざっていたりするものから、生理の血のようにトイレットペーパーにつくものまでいろいろだそうです。(ちなみに管理人は血尿になるまで悪くしたことはないですよ。)

膀胱炎の血尿の原因ですが、膀胱の粘膜が炎症して「充血〜毛細血管が破れ」尿に血液が混じってしまいます。ようは膀胱が炎症して出血したため、尿に血液がまじるのです。

急性膀胱炎と違い慢性膀胱炎などやほかの原因から、かなりの量の血尿がある場合もあるそうですが、そのような場合は泌尿器科を受診されるほうがいいでしょう。「膀胱炎の血尿って何科にいけばいいの?」と疑問だった方は、病院の泌尿器科にいってみましょう。

ためらったり恥ずかしがったりして先延ばしにしていると、悪化させて大変になってしまうので、すみやかに病院へいきましょうね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加