子供の膀胱炎は病院で検査を、熱や腹痛と他の症状があるかチェック

スポンサード リンク

子供は具合が悪くてもなかなか言葉でうまく表現できませんよね。子供が膀胱炎かもしれない頻尿や排尿痛など体の変化を、伝えられたらいいのですがそううまくはいきません。

幼い子供はとくに大人からみると何かぐずっていたり、元気がなかったりといった様子でしかわかりませんよね。なので、ただ風邪かなと思ってしまうこともありますよね。

子供の膀胱炎の症状としては、一般的に頻尿・腹痛・排尿痛・微熱・尿が濁る・尿に血が混じる・倦怠感などさまざまです。

やはり排尿痛、尿に血が混ざるのが決定的ですので、気になったら尿検査をするのがいいでしょう。

スポンサード リンク

子供が膀胱炎になったとき、病院は小児科を受診する人が多いですね。

検査で膀胱炎とわかったときは小児科で治療をしますが、先天性の泌尿器の病気・基礎疾患の疑いがあるときには、さらに詳しい検査や治療をするため泌尿器科や小児専門の泌尿器などで受けることになる場合もあるでしょう。

検査機器の改良・技術の進歩により現在では、子供もほぼ大人と同じように検査ができますので、安心できますね。

子供が膀胱炎にかかりやすいのは、排便後の拭き取りがうまくできなかったり体の防御機能などが未成熟なためです。

幼い子供が膀胱炎の場合、症状があっても自覚がないです。体がだるかったり痛みがあっても「どれくらいの症状か?」「どこか?」など、言葉にしてうまく伝えることができないのです。

周囲の大人が、日ごろからはっきりした原因がないのにぐずっていないか、元気がない様子など子供の体調を見てあげましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加