不眠と不眠症の違いについて

スポンサード リンク

不眠症と不眠って、一見同じような言葉に見えますよね。それでは、どんな違いがあるのでしょうか。ここでは、不眠症と不眠の違いについて見ていきたいと思います。

日本語ではあまり違いがありませんが、英語にすると不眠は「sleeplessness」、不眠症は「insomnia」と全く違う語になります。

スポンサード リンク

不眠にも不眠症にも共通していること、それは「眠る際に何らかの問題が生じている」ということです。例えば、なかなか眠りにつけなかったり朝方起きてしまったりなど、睡眠に関する問題を指します。これは、不眠にも不眠症にも共通しています。

しかし、不眠と不眠症には違いもあります。それは頻度です。定義として不眠症週2回以上、継続的に1ヶ月以上続いているのが不眠症と呼ばれます。

それに満たない場合は、一時的に眠れない症状として不眠である…といえるでしょう。

例えば明日重要な会議があって緊張して眠れない、このような状態は不眠です。つまり、会議が終わればきちんと寝れるようになるのです。ところが不眠症の場合は、頻繁に睡眠に関する問題が起きています。

また、不眠不休という言葉があるように不眠は意図的に寝なかった場合にも使えますが、不眠症は眠りたいのに眠れないという状況を指して使います。不眠と不眠症の違いは頻度にあると覚えておいてください。

もちろん、意図的でない不眠は頻度が低いといっても、本人の悩みのタネですから解決方法を探していくことが重要です。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加