不眠の診断や問診、診察について

スポンサード リンク

まずご自身が不眠かどうかを簡単に診断してみましょう。⇒http://env-gaming.com/suiminnsyougai-sinndann/

不眠症の診断の基本は問診、睡眠ポリグラフィです。睡眠外来や精神科に行くと、まずは問診があります。どの程度睡眠が取れていないのか、精神的なストレスは感じているかどうかなど、様々なことが問診からわかります。それによっては、他の科を紹介される場合もあります。

スポンサード リンク

また、問診によって治療すべきかどうかもわかります。一過性の不眠であると考えられた場合は、治療ではなく頓服の睡眠薬などを処方される場合もあります。また、うつ病などのこころの病気にかかっている疑いが強い場合は、そちらの治療を優先します。

いずれにせよ、問診では様々なことがわかります。ですから、事前に自分の状態をまとめておくとよいのではないでしょうか。自分の眠りがどんな感じか、眠る前の気分はどうか、など事前に話しておきたいことをまとめておくと不眠症の原因もわかりやすいです。

次に、睡眠ポリグラフィです。こちらは整っている病院が少ないのですが、睡眠の状態が直にわかるという検査です。睡眠ポリグラフィでは、睡眠中の脳波などがわかります。

つまり、眠っている間に身体はどのような状態にあるのかがわかるのです。睡眠の状態を詳しく確認することができますので、かなり精密な結果が出てきます。

ですがこの睡眠ポリグラフィ、一部の病院にしかありませんので、東京近郊の方でないと検査を受けるのが難しいと予想されます。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加