不眠なときこそ寝具、布団、枕を見直そう

スポンサード リンク

不眠症は寝具と関係がある場合もあります。最近眠れなくなったな、と感じている方は一度寝具を見直してみてはいかがでしょうか。

ここでは、理想の寝具について紹介したいと思います。

スポンサード リンク

寝具の理想型はただ一点、フィットすること、これに尽きます。人は寝ている間に何度も寝返りをうちます。この寝返りのときに、自分にフィットした布団でないとなかなか身体がリラックスすることができません。そのことから、寝返りにも対応できるフィットした寝具がもっともよいと思われます。では、フィットする寝具はどんな基準で選べばよいのでしょうか。

まずは枕です。枕は、人間の首に負担をかけにくい4センチ程度の高さのものがよいでしょう。あまりに高い枕を使っていると寝違いを起こすこともわかっています。低反発枕などもありますが、そのあたりはお好みでどうぞ。大手のデパートなどに行くと、首の骨の高さを測ってくれるところもあります。

次に敷布団です。敷布団は、手で押してみて柔らかすぎないものがよいでしょう。

次に掛け布団です。掛け布団で注意することは放湿性のよさです。人間は寝ている間にたくさんの汗をかきますから、湿気を溜め込まないものを選ぶとよいでしょう。羊毛や羽毛などの天然素材は、人間の体の変化に応じるのでおすすめです。

このように体にフィットしつつ、寝るときの温度や湿度も快適にしてくれるものを選びましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加