不眠やうつの改善には運動を!自分にあった運動量や運動時間をみつけよう

スポンサード リンク

快眠のためには適度な運動が必要です。脳と身体が適度に疲れていることが、よい眠りに入る条件ともいえます。運動やスポーツをすることで、身体も適度に疲れさせてあげましょう。

デスクワークの方は、まず昼休みに外を歩いてみましょう。ちょっと遠出してランチをするのもよいかもしれません。特に一日中座りっぱなしということになると血行も悪くなりがちですので、そういった意味からも運動をおすすめします。学生さんでしたら、この機に何か運動系の部活やサークルに入るのもよいと思います。

スポンサード リンク

また、家に帰ってからのエクササイズやウォーキングなども有効です。特にウォーキングはおすすめです。有酸素運動といってダイエットにもなるので、まずは1日30分程度歩いてみるとよいのではないでしょうか。

不眠改善の運動量や運動時間は人それぞれですので、ご自身で調整してみましょう。少なくとも30分は野外を歩くことですね。そして足りない場合はもう30分追加してみましょう。そしていい感じに眠れるかを振り返るのです。ちなみに、私は2時間以上は歩くようにしています。

他にも、スポーツジムで鍛えるという方法もあります。スポーツジムでは多彩なコースが用意されていますので、自分に合ったコースも見つかると思います。

全身運動をするなら、水中運動がおすすめです。水泳でもよいのですが、水中ウォーキングなど泳げなくても楽しむことはできます。最近では水中エアロビというのもあるので、そのようなコースを選んでみるのもよいでしょう。

ポイントとしては、自分が飽きずに続けることができるかどうかということです。いくつかのコースを組み合わせたり、自分なりに飽きない工夫をしてみるとより運動が楽しいものとなり、続けやすくなります。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加