不眠と鬱の関係について、改善解消していこう

スポンサード リンク

不眠症を起こす病気のひとつとして、うつ病があります。ここでは、うつ病について見て行きましょう。

うつ病とは、うつ状態に陥って何らかの支障を来たしていることを言います。最近気分の落ち込みが激しい、という方はうつ病の可能性もあります。

スポンサード リンク

うつ病の診断基準ですが、問診をもとに行なわれます。気分の低下が2週間以上続いている場合は、うつ病と判断されることが多いようです。また、希死念慮とよばれる自殺を考える症状がある場合は、かなりのうつ状態に入っていると考えられます。

うつ病は、精神科の専門分野でこころの病気の中心でもあります。その症状は、心に関するものがほとんどです。絶望的になり、会社や学校に行けないなども症状もあります。

また、それに付随するのが不眠症です。うつ病の人の多くは、不眠症を訴えます。うつ病が関わる不眠症の大きな特徴としては、本当に眠れていないというものです。

他の不眠症は、入眠障害などがあっても結果的には十分な時間睡眠が取れることが多いのですが、うつ病を伴う不眠症の場合は本当に2時間から3時間しか眠れません。そのため気分の低下と同時に、眠れない苦しみも味わわなければならないのです。

うつ病は、ストレスからかかる病気と考えられています。解消、改善にはまず、日常のストレスを見直すところから予防することができます。最近の自分の心の状態を少しチェックしてみましょう。無理な負担がかかっていなかったでしょうか。少しでも思い当たるところがあれば、早めに病院に行きましょう。早期発見で、早期治療が可能な病気です。うつに向き合い治療を継続することで不眠は改善されていきます。

病院に行かずとも本などで自分で解消していくことも可能です。病院に行くのがためらわれるなら書店に行って本を購入してみましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加