不眠症や不眠の治療期間について

スポンサード リンク

今や、多くの人が悩んでいる不眠症。薬物療法と生活指導が治療の中心となりますが、治療には一体どの程度かかるものなのでしょうか。

結論から言うと、不眠症>の治療期間は本当に人それぞれです。原因も様々ですから、治り方も様々なのですね。日本人の不眠症の原因は、ほとんどがストレスだといわれています。ストレスからうつ症状になり、不眠症になる人も少なくありません。

ですので、うつ、ストレスがどのくらいで治せるか=不眠症の治療期間といえます。

スポンサード リンク

ストレス性の不眠症ですと、基本的には薬物治療をまずは用います。そして、必要があれば睡眠薬の量を増やしつつ、生活指導を始めます。ここまでで、早い人であれば1ヶ月から1ヵ月半程度です。この程度の不眠を、一過性不眠もしくは短期不眠と呼びます。

一方で、半年以上薬の服用が続く場合は長期不眠となります。長期不眠の人には、うつ病を始めとするこころの病気の患者さんも多くいます。

長期不眠になると、年単位での治療を考えることが必要となってきます。薬の量は徐々に増えますが、徐々に減らしていかなければなりません。精神的にも身体的にも薬に依存しやすくなっているので、その状態を脱する時間も必要です。そのため、長期不眠と呼ばれる不眠では、半年以上薬の服用を続けなければならないのです。

また、環境要因による不眠であれば、環境を整えることで治ったりします。アルコール依存症を伴う不眠は一般的に長期不眠と考えられていますので、治療にもかなりの時間を要します。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加