不眠症の天敵、ストレスを発散してうつも改善しよう

スポンサード リンク

不眠症の大きな原因のひとつにストレスがあります。特に、不眠症の原因と考えられるのが過緊張です。過緊張とは、極度に緊張した状態を指します。

例えば、嫌なことがあったりいらいらすることがあると交感神経が活発になります。この状態だと興奮しやすく、ある意味では頭が冴え渡っている状態です。眠るときには、副交感神経が働いているとよく眠ることができます。副交感神経は交感神経とは対を成す神経で、緊張を解いて身体をリラックスさせる効果を持っています。

スポンサード リンク

ところが、過緊張の人は交感神経ばかりが働いてしまい、緊張しやすい状態なのです。その状態が続くと「不眠」から「不眠症」になってしまいます。同時に気分もうつっぽくなります。

ストレスから来る不眠症を治す最も早い手段は、ストレスの原因を減らすことです。まずは、自分がどんなことにストレスを感じているのか書き出してみましょう。仕事での上司の対応、部下の反応、学校での友人関係など具体的に書き出してみるとよいと思います。

次に、そのストレスの原因を減らすことができないかどうかを考えてみましょう。不眠症になるほどのストレスというのは、かなり心の負担になっているということです。もしもやらなくてもいいものなら、早めに原因から遠ざかりましょう。

そうすることでストレスが溜まるのを減らして、うつっぽい気分の改善にもつながります。

ストレス原因から遠ざかれない場合は、ストレスを発散する道を探しましょう。例えば、新たな趣味を見つけるなどもそのひとつです。また、新しいプロジェクトの始動などによる一過性のストレスの場合は、しばらく市販の薬を服用してみるのもよいかもしれません。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加