環境の変化が原因で不眠にもなる、例を紹介

スポンサード リンク

不眠症の原因のひとつに環境要因があります。ストレスとも重なる部分があるのですが、人は誰しも環境の変化には何らかの方法で反応します。そして徐々に環境に慣れていくのですが、急激な環境変化の場合は慣れずに眠れない、ということも起こるのです。

例えば、旅行先で眠れない、という方もいるのではないでしょうか。これは、急激な環境変化で眠れなくなった代表的な例です。特に、海外など時差のあるところでは時差ぼけも手伝って、ますます眠れなくなってしまいます。また、知らない土地での生活をスタートするのも環境の変化による不安といえます。

スポンサード リンク

この場合は、旅行から帰ってくれば治ってしまうのでそれほど心配は要りませんが、毎回旅行の度に眠れないというのは困りものです。専門外来を受診して、旅行の間だけ薬を飲むのもよいかもしれません。

引っ越しなどでの環境の変化は慣れですので、落ち着いて日々を過ごしてみましょう。

次に、工事などの騒音です。こちらも一時的なものですが、気になる場合は工事現場に申し出てみるのもひとつの方法です。

そして、どうにもならないのが暑さです。日本の夏は、どうしても湿気がたまりがちです。熱帯夜になると、眠れない人も数多くいるのではないでしょうか。暑さで眠れなくなりそうな場合は、まず暑さをどうにかすることを考えましょう。

扇風機やクーラーを積極的に利用しましょう。ただしクーラーは、あまりつけすぎると体に影響が出やすく、夏なのに冷え性になってしまうということもありますからおすすめは扇風機です。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加