間質性膀胱炎は難病?病院へ行って地道な治療をつづけましょう

スポンサード リンク

間質性膀胱炎は、かんしつせいぼうこうえん と読みます。この間質性膀胱炎、中年女性に多いようです。間質性膀胱炎は急性膀胱炎と違い、抗生物質では治りません。

そして尿検査をしても、細菌がみつからないのです。原因が不明なので治しにくい、難病とも言われる理由になります。

では、症状が進むとどうなるのでしょうか?

スポンサード リンク

  • 強い痛みがともなう。
  • 昼夜問わずの頻尿がある。
  • 不快感がある。
  • 尿がたまると、下腹部が痛い。
  • 月経時の痛みが強い。

なども、間質性膀胱炎の特徴といわれています。

間質性膀胱炎の原因が何か、はっきりわかっていません。これが難病と言われるゆえんです。しかし、アレルギー・皮膚・膀胱が関係していることを聞いたことがあります。これらの要素が絡み合って症状が起きているのではないでしょうか。

間質性膀胱炎の治療・対処法として、膀胱に水を流しこみ拡張させる治療や、内服治療などがあるそうです。

ストレスや冷えから体の抵抗が落ちると、症状が悪化したりするので、日ごろの注意やケアが大切になりますね。治療をするにあたって、冷えなど対策するのが基本的な対策になります。

症状がひどかったりする上に、治療にききめがない場合には、まれに外科手術が必要になることもあるようです。万人に聞く治療法がみつからない間質膀胱炎ですが、専門医や間質性膀胱炎に精通する医師を探しましょう。そして治療にあたりましょう。

原因となり得る要素を一つづつ改善していくことで、一歩一歩前進していくことが大事なります。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加