骨盤の歪みで下腹がぽっこり出ることも

スポンサード リンク

姿勢が歪んでいる人は骨盤が歪んでいることも非常に多いです。骨盤の歪みは下腹のぽっこりと深い関係にあるのです。というのも骨盤が歪んでいると組織全体が前に出てきやすくなります。

つまり下腹の内側にある組織も前に出てきてしまうのですね。下腹ダイエットをする際には骨盤の歪みを直すことも考えてみるとよいのではないでしょうか。そのためにまずは自分の骨盤が歪んでいるかどうかをチェックしましょう。

スポンサード リンク

仰向けに寝て両足を腰の幅くらいに広げましょう。そして左右の骨盤の一番高いところに親指をつけて、中指を床につけます。両手の親指と中指の長さを比べてみてください。どちらかが長いと骨盤が歪んでいる可能性があります。

この骨盤の歪みを解消する術ですが背骨と足の付け根をつないでいる大腰筋という筋肉を鍛えることが重要です。

大腰筋は衰えると腰骨を反らしてしまうことがあります。

下腹が出ている人の多くは骨盤の歪み、そして大腰筋の衰えがあるのですね。

大腰筋を鍛えると腰骨が正常な位置に戻り、骨盤が元に戻ります。それに合わせて全身の姿勢もよくなり、血流障害が解消されます。すると姿勢がよくなったこと、血流障害が解消されたことにより下腹も出っ張らなくなってくるのですね。

大腰筋は普段あまり使う筋肉ではありません。衰えてしまうのもしょうがないのですがエクササイズなどで積極的に鍛えることをおすすめします。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加