高血圧のお風呂、入浴について。安全な半身浴の方法

スポンサード リンク

私の家族は大の温泉好きです。家の周辺に何件かスーパー銭湯があるのでヒマがあると、今日はどこへ行くと皆で相談しています。

入浴って入り方次第ではいろいろな病気に効果があると思います。私はある入浴方法で冷え性がよくなりました。もちろん、高血圧にも効果はありますよ。

「頭寒足熱」って良くいいますよね。私たちの体は、普通にしていると上半身の体温は高く、
下半身は足元にいくにつれて体温が低くなっています。

スポンサード リンク

高血圧の方の入浴、お風呂について

血液は体温の高い方に流れやすい為、体温の上下差が大きい足の冷えの高い人ほど血液の流れに大きな影響を与えています。もちろん、血圧にも関係ありますよ。

39℃〜40℃のお湯にゆっくりと入浴し、下半身が温まると血管が拡張して血圧は下がります。
高血圧の方の入浴は、湯船に一気に入浴するのではなく、足の先からゆっくり入り胸の下ぐらいまでつかる半身浴として下さい。

上半身までの入浴は「頭熱足熱」になってしまい、せっかくの入浴効果を半減させるどころか、心臓へ水圧をかけ負担がかかりすぎてしまいます。

そして、入浴後はすぐに靴下、レッグウォーマー、ももひきなどを着用し、下半身の保温を保って下さい。
上半身は、そんなにいそいで着用しなくてもいいですよ。ここで、重要なのは下半身からの着用です!「頭寒足熱」です!

高血圧の方の半身浴

ぬるめのお風呂で半身浴、そして入浴後は靴下をすぐ着用、この入浴方法は血圧に良い結果をもたらします。入浴後もゆったりすれば、その日1日のストレスも解消でき、次の日を気分爽快に
向かえることができますよ。
とても血圧に効果的なぬるめのお湯での半身浴ですが、高血圧の方が入浴を楽しむ際に
注意しなければいけない点があります。

1.42℃以上の熱い湯は血管を収縮させ、血圧を上げてしまいますので38℃〜39℃のぬるめのお湯とする。

2.特に冬場の注意としてですが、暖かい部屋から急に冷たいお風呂に行くと、血圧上昇のきっかけとなります。脱衣所を暖めておき、浴槽のフタを開け浴室全体も暖めておきましょう。

3.胸から上は出しておく、半身浴で入浴。

4.入浴時間、10分以内。

5.飲酒後の入浴は絶対に行わない。(危険すぎます!)

6.入浴後はすぐに下半身の衣服を着用。特に足は重要、真っ先に靴下を履く。
そして水分補給をする。

高血圧ということで、お風呂や入浴について心配する気持ちもあるでしょう。たしかに温度を知らないと大変です。倒れたりします。しかし、ルールを覚えればどうということはありません。高血圧の方でお風呂で倒れることになる方は、ルールを知らないからです。何事もルールがありますので、ぜひ守るようにしましょう。

上記の点をご注意の上、楽しく入浴を楽しんで下さいね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加