高血圧の方の食事や食材、栄養について

スポンサード リンク

皆さんは、バランスの良い食事をとっていますか?毎日の食事をどのように考えているでしょうか?

私は若い頃、好きな物をお腹いっぱい食べると言うのがとても楽しみだったし、ストレス解消にもなる様に感じていました。体質的にも太りずらい体質だったし代謝もよかったので、ケーキなんて一度に何個も食べたりして。

だけど、悲しい事に子供を生んでから食べすぎるとすぐにお腹がポコンとでてみる無残に。

そこで、栄養士の先生に料理を習い、食事のバランスをとれた物を適量よくかんで食べる事を心掛けたら、全然からだが変わったんですよ。ウエストが一回り細くなって体がとても軽くなったんです。

スポンサード リンク

初めは食欲という人間の本能との闘いがあるんですが、少しの期間私は高血圧を治す為に食事を見直すぞと頑張ってみました。良いバランスの良い食事をとる事できっといい成果がありますよ。

■高血圧に良い食事

●血液中の脂質を減らし、血管の内側に過酸化脂質を溜めない食事をとりましょう。
ビタミンC・・・ピーマン、イモ類、レモンなどがおすすめです。
ビタミンE・・・ほうれん草、牛乳、ブロッコリー、などがおすすめです。

これらのビタミンは活性酸素による悪玉コレステロールの酸化をおさえ、過酸化脂質の生成をおさえる効果があります。

●血管の内側に付着してしまった過酸化脂質を取り除くには
ビタミンB2・・・鮭、納豆などは脂質の代謝をスムーズに行う効果があるので、私の朝食の定番メニューです。

●塩分をとりすぎたかなと思った時は
カウリン・・・塩分を摂りすぎが気になる時は血中濃度を抑える
海藻類、豆類、緑黄色野菜などに多く含まれるミネラルをとりましょう。

●その他によいもの
マグネシウム・・・干しひじき、ほうれん草、アーモンド、きな粉、ごぼうなどは血管を弛緩させ血行を促進します。

カルシウム・・・小魚、チーズ、小松菜などのカルシウムの摂取量が多い地域では高血圧の発症頻度が少ないとの発表があるそうです。骨粗鬆症の予防もかねて摂取されるとよいでしょう。

■バランスの良い食事はすべての健康につながります。

理想の食事とはタンパク質、糖質、脂質など体の基礎を形成する栄養素とビタミン・ミネラルなどの体のかつ潤滑油となる栄養素を毎回の食事でしっかりとることです。

食事から取り入れられた栄養素を素材とし、体内では生命活動のために必要な物質に合成する。このことを代謝といいます。

栄養素の代謝には酵素が必要となり酵素の働きを助けるのにビタミンB群が必要となります。
たんぱく質の代謝が悪いと肥満になりますが、肥満は単に栄養素の過剰摂取だけでなく代謝に必要な栄養素の不足も関係しているんです。

特にタンパク質が分解されたアミノ酸の代謝には、
ビタミンB6・・・鮭、マグロ、レバー、バナナなどが代謝を促進。
その他として代謝には熱も必要です。

低体温の人は酵素が働かず、代謝が悪くなります。低体温でない人でも冷たいものばかり飲んだり、食べたりしていると体を冷やし代謝が悪くなります。また冷たいものばかり食べていると腸内の常在勤が簡単に死んでしまいます。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加