メタボの危険性や危険因子の重複について、すべてつながっています

スポンサード リンク

内臓脂肪型肥満、メタボリックシンドローム。

メタボリックシンドロームはかかってしまうと三大成人病などにもつながります。一般的には下腹がぽっこりしている人はメタボだ、などとからかわれたりしますがメタボは下腹ダイエットの邪魔になるだけではなく健康にも「影響を及ぼすのです。

日本人の三大死因はがん、脳卒中、心筋梗塞です。このうちメタボと関係あるものはというと、実は全部関係あるんですね。

スポンサード リンク

脳卒中や心筋梗塞は体の中に流れている血液がどこかで滞留することで起こります。脳卒中なら脳の近くの動脈が、心筋梗塞なら心臓の近くの動脈が滞留します。その状態を動脈硬化と呼びます。

動脈硬化は動脈の壁が厚くなることで起こります。動脈の壁が厚くなるには血中の中性脂肪が増えていることが必要です。中性脂肪は体脂肪になる前の脂肪です。この脂肪が解消されないと体脂肪となって体に溜まってしまいます。

メタボの人はほとんどが体内に中性脂肪が溜まりすぎていると考えられています。中性脂肪が体脂肪になった後の内臓脂肪が、下腹がぽっこりするほど溜まっているのですから血中の中性脂肪も少なくはありません。

がんとメタボの関係は脳卒中や心筋梗塞とメタボの関係ほどはっきりはしていません。ですが大腸がんとメタボは深い関係にあり、メタボの人は大腸がんにかかりやすいとの報告があります。

このようにメタボは死を招くような病気の元ともなるのですね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加