メタボのリンゴ型、洋ナシ型について

スポンサード リンク

気になる下腹のぽっこりは早く解消したいものですよね。ところでこの下腹、肥満が原因であることも少なくありません。下腹ダイエットのためには肥満から脱却しなければなりません。

さて、肥満の大元なる脂肪ですが溜まり方によって2種類に分けられるのをご存知でしたか。ひとつが皮下脂肪型肥満、もうひとつが内臓脂肪型肥満と呼ばれるものです。

スポンサード リンク

まずは皮下脂肪型肥満から見て行きましょう。皮下脂肪型肥満の方は体型が洋ナシ形になりやすいのが特徴です。

皮膚のすぐ下にある脂肪を皮下脂肪と呼ぶのですがこの皮下脂肪、女性に多くつきやすいといわれています。皮下脂肪の本来の働きは体温を保つこと、エネルギーを蓄積することなどが挙げられます。

しかし溜まりすぎてしまうと余分な脂肪が溜まった、いわゆる肥満と呼ばれる状態になってしまうのですね。

それでは内臓脂肪型肥満を見てみましょう。

こちらは体全体がリンゴのような形になるのが特徴です。内臓脂肪はウエスト÷身長が0.5以上だと多いといわれています。

内臓脂肪は一見溜まっても太ったようには見えませんがお腹が非常に出っ張るのが特徴です。痩せているのに下腹が気になる、という方は内臓脂肪型肥満を疑ったほうがよいかもしれません。

一方の皮下脂肪型肥満は下腹だけでなく下半身全体に肉がついた状態になるのが特徴です。どちらも下腹が出てしまうという特徴を持っていますので是非解消しましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加