内臓下垂でも下腹部がぽっこり出ます

スポンサード リンク

胃下垂と聞くとどんなイメージでしょうか。胃が垂れ下がっている状態のことを指すのですがこの胃下垂になるとたくさん食べても見た目が太って見えないため痩せている人がなる症状と考える人もいます。

胃下垂は内臓下垂の一種です。特に生命の危険となるような症状はないのですが下腹ダイエットの敵ではあります。

スポンサード リンク

というのも胃下垂および内蔵下垂の人は垂れ下がった部分がちょうど下腹に当たるので、例え痩せていたとしても下腹がぽこり出てしまうのですね。なんと日本人女性の3分の1が胃下垂をはじめとする内臓下垂だと言われています。

ここでは簡単な内臓下垂のチェックを行なってみたいと思います。

もし当てはまる場合は下腹ダイエットをするときに内臓下垂を直すことから考えるようにしましょう。

それでは始めましょう。

まず両手をお尻に添えて真っ直ぐ立ちます。そしてそのままの姿勢でかかとが床から離れないようにしゃがみます。内蔵下垂の人は途中でお尻が床についてしまったり、かかとが離れてしまったりしてうまくかがめないのです。

次に生活習慣からチェックします。

ご飯を食べた後によくゲップが出るという人は注意が必要です。また、便秘で冷え性持ちの人は内臓下垂の可能性が非常に高いといえます。普段からあまり運動をしない、集中力に欠けるという場合も内臓下垂の心配があります。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加