入眠障害とは?入眠障害の原因や対策、改善方法を知ろう

スポンサード リンク

不眠症には4つのタイプがあります。そのうち入眠障害とは、眠りにつくときに問題が起こるタイプの不眠症です。「なかなか眠ることができない」「寝つきが悪い」と感じている方は、このタイプの不眠症であることが予想されます。

入眠障害の原因は、2つあるといわれています。まずひとつが、早く布団に入ってしまうということです。これは、お年寄りにみられる傾向だそうです。というのも、時間に余裕ができると早めに布団に入ってしまう方が多いのです。そのため、布団に入ってもすぐに寝られないのですね。

スポンサード リンク

この原因の場合は、寝る時間を遅くしたり、起きる時間を早くすることで治ってしまうことが多いようです。

次に、精神生理性不眠と呼ばれるものです。こちらは、ストレスが起こす入眠障害です。明日のことが不安で眠れない、今日あったことを思い出してしまって眠れない、など人によって眠れない理由は様々ですが、その背後にはストレスが隠れています。

最初は一過性の不眠なのですが、「眠れるだろうか」と不安になってくると不眠症の症状となってきます。

この入眠障害ですが、なんと20歳以上の国民の8%が悩んでいるというのです。入眠障害で「眠れない」というのは眠れないことを苦痛に感じたときからだという意見もありますが、一応の目安としては30分から1時間眠れなかったら入眠障害の可能性があります。

これはストレスを解消してリラックスするのが改善、対策方法です。とはいえ不安を取り除くのはけっこう難しく、困難に感じるかもしれません。

対処法としては羊を数える事に代表されるように、頭をストレスとは別のことでいっぱいにすることが大事です。羊を数える方法ではなくてもよく、自分の世界の妄想でもなんでもいいです。改善や対策をするなら、ストレスとは別のことを考え続けてみましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加