おならや便が臭い方に多いのが便秘

スポンサード リンク

なぜ便がにおうのか 溜まった老廃物

便がにおう、という方は、大抵が便秘症であることが多いようです。
便は体内の老廃物ですので、これが長時間腸内にとどまっていることはよくありません。

ということは、排便がとどこおっている便秘の方はとても良くないのです。腸にたまったものがどんどん腐敗していくからです。

ちなみに、食べ物を食べるときあまりよくかまない人は、便の臭いがきつくなりやすい傾向にあります。便秘ではないけど臭いという方は、よくかんで食事の唾液をよく出すように見直しましょう。

よく噛まないということは、食べ物が消化しにくい⇒食べ物が栄養に分解されない⇒栄養に分解されず腸で老廃物として扱われる⇒老廃物が溜まって体内で腐敗…ということです。

スポンサード リンク

便秘は便の臭いを臭くする

口の中でよくかむと、唾液の持つ酵素の働きで食べ物がよりよく分解され、胃を経て腸へ到達します。

よくかまないと、食べ物の分解が中途半端に行われたままが胃へと進み、腸で栄養として消化吸収されるはずが消化不良を起こし、腐敗します。

そしてそのまま老廃物として処理されるので、便になったとき臭いが臭くなるのです。
また便をためたままにしていると、便からガスが発生します。

溜まったガスは腸から体内に吸収され、汗や皮脂に混ざって体臭となって臭いを放ったり、口からは口臭として出てしまいます。

このように便秘状態は、便の臭いをきつくするだけでなく体に良くない影響を与え、いろいろなところから気になる臭いを放出します。

ですので、便の臭いがきつい、気になるという人で便秘がちな方はまず、便秘を解消することから始めましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加