産後の膀胱炎について、治療なら病院へ相談、何科かも紹介

スポンサード リンク

産後は膀胱炎になりやすいので、注意が必要ですね。妊娠中から膀胱内にあった細菌が、産後になってから症状を引き起こすこともあるそうです。

それ以外にも産後に起こる体の変化についてはいろいろとありますね。産後は膀胱炎にならないように、気をつけましょう。

産後の症状で悪露(おろ)といって子宮から出血の残りなどが出てきますが、これがなくなるまでは清潔に手当てしましょう。手当ては消毒綿を使い、前から後ろに拭くように注意しましょう。

スポンサード リンク

産後には尿意を感じにくくなることがあります。子宮が小さくなって膀胱が圧迫されなくなったことで、気がつきにくくなるためです。

産後トイレにいけないような状況なら導尿などをする場合もありますので大丈夫です。

産後は便秘になりやすいので水分を多めにとったり、食事バランスに気をつけたりなどすることなどの便秘対策がとても大事です。

それは便秘から産後の膀胱炎にかからないようにするためです。

産後は産褥体操や軽い運動などをして尿漏れなどを予防することも大事です。

尿漏れから産後の膀胱炎にかからないようにしましょう。

産後はとにかく赤ちゃんの世話もあり自分の体も疲れてしまいますが、ストレスをためたりして体の抵抗力が落ちたりしないようにしましょう。

周りの人にできることは、手伝ってもらったりしながらリラックスして過ごしましょう。ストレスをためると膀胱炎に限らず体調が悪くなることがありますので、気をつけたいですね。

産後もしも膀胱炎かなと思うような症状が出たときには、すみやかに産婦人科など病院へ行き、授乳中でも影響のない薬を処方してもらいましょう。病院は何科か迷ったら、産婦人科にいってみましょう。漢方薬などを処方する病院も多いそうです。

漢方なら薬よりいくらか安心しやすいです。授乳の心配も薬ほど必要ないでしょう。

大事な産後の時期、くれぐれも大事に過ごしてくださいね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加