下腹(ぽっこりお腹)が出る原因とは

スポンサード リンク

下腹がぽっこりしていてどうにかしたい。こんな悩みを抱えて下腹ダイエットを始める人は少なくありません。下腹は鍛えにくいインナーマッスルがありますので痩せにくいことでも知られています。

それでは、そもそもどうして下腹が出るような状態になってしまったのでしょうか。ここでは下腹がぽっこり出てしまう原因について見ていきたいと思います。

スポンサード リンク

下腹部が出てる原因 腸内環境

まずは腸内環境の悪さです。

下腹のすぐ内側には腸があります。この腸内の環境が悪くなって腸が膨らむと結果的に下腹も出てしまうのですね。例えば便秘、ガスが溜まる、悪玉菌の増加などが挙げられます。

特に便秘は成人女性によく見られる症状ですので積極的に解消していくことをおすすめします。

下腹部が出てる原因 骨盤の歪み

次に骨盤のゆがみです。

こちらは出産後の女性によく見られる原因です。出産の時には赤ちゃんが胎内から出てきやすいように骨盤は開いています。この状態が出産後も続くと体全体がゆがんでしまい、下腹が出たり腰痛を引き起こしたりします。

下腹部が出てる原因 胃下垂

次に胃下垂です。

これはどちらかというと痩せ型の人に見られる症状です。胃が下のほうに垂れてしまっていて、ものを食べるとお腹がぽっこり出てしまうのですね。

また、中年以降の男性に多いのがメタボリックシンドロームで内臓脂肪が溜まっているという症状です。こちらは下腹の辺りに内臓脂肪が異常なほど溜まったためにお腹が出てしまうのです。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加