心臓の機能について、心拍や心臓のしくみ役目や働きになど

スポンサード リンク

心臓と血液…心臓は体の中心です。これは人間を司るという意味です。
心臓がそして血液が健康であれば体が健康です。

■ 心臓

○ 体内では絶えず血液が循環しています。体のすみずみまで血液を送る
ことで栄養分や酸素を供給しています。

○ 心臓は全身をめぐってきた血液を受け入れては、また全身に送り出す
というポンプの役割を果たします。(心臓は収縮と拡張でポンプの役割を
している。)

○ 心臓が活動しているおかげで生命が維持されています。

○ 心臓を覆っている筋肉は「心筋」といいます。

○ 心臓には4つの部屋があります。右側に位置する右心房、右心室、
左側に位置する左心房、左心室となります。

○ 左心室の筋肉は右心室の3倍もの厚さがあります。それは、血液を全身に
送り出す為、大きな力を必要とするからです。

○ 心臓を構成している4つの部屋を血液が流れるわけでが、どのような順路で
流れているのでしょうか?
全身を経て戻ってきた血液は大静脈→右心房→右心室→肺へと流れ
また肺から→左心房→左心室→大動脈へと全身に流れていきます。

○ 心臓には血液の逆流を防ぐ為、4つの弁がついています。
右房室弁・肺動脈弁・左房室弁・大動脈弁
心臓の構造や働きについて簡単にご説明しました。それでは、「心臓」はどんな作動をするのでしょうか?

スポンサード リンク

■ 心臓作動のしくみ

○ 心臓に耳を当てると、ドキドキと音がきこえますよね。あの音は、心臓が
拍動している音です。血液を全身に送り出すのに心臓の筋肉、心筋が収縮と
弛緩を繰り返すことによって生み出されれます。

○ 心筋が収縮しはじめるとともに、左右の房室弁が閉じ、大動脈弁と肺動脈弁
が開き右心室にある血液→肺へ、左心室の血液→大動脈へと押し出されます。

○ 次に心筋が弛緩すると大動脈弁と肺動脈弁が閉じ、右房室弁と左房室弁が
開き大静脈からの血液が右心房→右心室へ、肺静脈からの血液は左心房→
左心室へと流れこみます。

○ 心臓の動きに命令を与える部位は洞結節というところです。

○ 洞結節にある筋細胞が自ら働くことによって、電気信号を生み出しこれが
心筋に伝わって心臓は「拍動」します。

■ 心拍・ドキドキのリズム

血液は心臓が収縮と拡張のポンプ作用をして全身に送り出すことは先にご説明しましたね。
この心臓の運動回数(心拍数)は、健康な成人の安静時において1分間に約60回です。
1分間に約60回心臓から全身へ血液を送り出しているという事ですね。
心臓はとても働き者なんですね?。

そして、1分間に心臓から全身へ送り出される血液の量は、およそ5リットルです。
1日にするとなんと7200リットルにもなりますよ。

人間の心拍数は常に一定ではなく、運動時や精神的変化によっても
心拍数は増えたり、減ったりします。
よく人前に出たとき、緊張してドキドキする?。といった時は、きっと心拍数が
増えているのでしょうね。

この時、心拍数を調整する役目をしているのが心臓ではなく、自律神経
なのです。
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、心拍数を増やす
役目をしてくれるのが交感神経です。
また、心拍数を減らす役目をするのが副交感神経です。
心臓が毎日頑張って働いてくれるおかげで、私たちは生命を維持できるん
ですね。
驚かされたりした時などによく言う言葉ですが、「心臓に悪いよ?。」という
決まり文句って本当ですよね。
心臓に負担をかけず、大切にしたいですね!

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加