下腹をウォーキングで脂肪燃焼して引き締めよう!下腹部ダイエット

スポンサード リンク

下腹ダイエットにはやはり運動が重要です。でも本格的な運動をするのはちょっと大変、という方もいますよね。

そこで、おすすめしたいのがウォーキングです。ウォーキングは有酸素運動なので下腹ぽっこりの原因のひとつである内臓脂肪を燃やす効果が非常に高いのです。そんなウォーキングですがただ歩けばいいというものでもありません。

スポンサード リンク

正しい歩き方をマスターすることでより運動効果を上げることができるのですね。正しいウォーキングの歩き方を学んで、下腹ダイエットをしましょう。

まずひとつめのポイントは着地をするときはかかとから、ということです。重心をかかとから徐々に爪先にずらしながら着地しましょう。そして最後は親指の爪先に重心が行くようにします。

また、前に出した脚は膝を伸ばしておくことを忘れないようにしてください。

腕は大きく振り上げるとより運動効果が増します。ただし腕の力で上半身を動かすイメージではなく全身のバランスを考えながら腕を振り上げましょう。

背筋を伸ばすことも重要です。

頭の上から何かで吊るされているようなイメージで歩くとよいでしょう。歩幅はやや広めに、大きく取るとよりウォーキングの効果が上がります。

これだけのことに一度に注意するのは難しいのでまずは姿勢から、着地の重心、といったように順に注意していくと楽しみながらウォーキングが出来るのではないでしょうか。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加