下腹のぽっこりを有酸素運動でスッキリさせよう

スポンサード リンク

気になる下腹のぽっこりはもしかしたら内臓脂肪が原因かもしれません。内臓脂肪はその名の通り内臓の周りについた余計な脂肪。内臓脂肪はつきやすい代わりに落ちやすいものでもあるんです。

下腹ダイエットをするに当たっては内臓脂肪を落とすことも重要かもしれませんね。内臓脂肪を落とす下腹ダイエット、おすすめしたいのはやはり有酸素運動です。有酸素運動とは普段よりも酸素を多く取り込みながらする運動のことです。

スポンサード リンク

酸素を使って体内の脂肪、特に内臓脂肪を燃やしていきます。

有酸素運動の特徴として疲れの元となる乳酸を生じさせないので疲れにくく長時間運動できるという効果があります。

有酸素運動をすると内臓脂肪が減りますが他にも効果があります。まずは血行がよくなることです。血液中の余分な脂肪が減りますので血液がさらさらになり、全身の血行がよくなります。

次に心肺機能が高まることです。心臓の筋肉を鍛える運動が多いため、心臓が丈夫になりやすいのです。有酸素運動にはウォーキング、ジョギング、サイクリングなど様々なものがあります。

条件としては負荷が軽いもの、ゆっくりした動きのもの、足を使ったものという大きな3条件があります。初めての方がやりやすいものとしてはやはりウォーキング、ジョギングなどがよいのではないでしょうか。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加