下腹ダイエットを筋トレや腹筋など運動で痩せるためのコツ

スポンサード リンク

下腹ダイエットを行なうなら効率よく。一刻も早く結果を出したいものですよね。そこで、いくつかのコツについて見ていきたいと思います。下腹ダイエットはコツを押さえればより効果が上がり、下腹ぽっこりも早く解消されます。

まずは時間です。下腹のぽっこりに効くのは有酸素運動といわれています。有酸素運動ではインナーマッスルと呼ばれる筋肉を鍛えることができるのですね。

スポンサード リンク

インナーマッスルは衰えると内臓を支える力がなくなり下腹ぽっこりの原因ともなります。そのため、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をする必要があるのです。

この有酸素運動ですが30分以上行なうことで効果が出るといわれています。なので10分、20分ではせっかく行なっても効果が出ないのです。有酸素運動を行なうときは30分以上、ということに注意しましょう。

次に質の問題です。筋肉トレーニングをするときに特に言えることですが、精神を集中させるのを忘れないようにしてください。腹筋を鍛えているぞ、と意識することでより運動効果が上がるとの報告もあります。

特にボディービルダーの方は筋肉の収縮などに意識を集中させています。それくらい筋肉の動きに気を使うことは大事なのです。

腹筋や背筋を動かすのも全て脳の指令によるものですから脳が強く意識すればその分結果も出やすいのです。筋肉トレーニングをするときは鍛えている部位を意識しながら行ないましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加