睡眠のアロマを使って不眠対策をしよう

スポンサード リンク

アロマテラピーは、フランス発祥の香りの治療です。一度は試したことがある、という女性は多いようです。アロマテラピーでは、自然の香りを使って心身ともにリラックスさせることができます。

アロマテラピーの方法は様々です。例えばエッセンシャルオイルと呼ばれる精油をハンカチに垂らしたり、お香を焚いたりという方法があります。アロマバスといって、お風呂に精油を垂らす方法もアロマテラピーの一種です。

スポンサード リンク

そんなアロマテラピーですが、心身のリラックスと深い関係にあるだけあって不眠症にも効果が期待されています。

例えば、不眠症の人におすすめな種類はラベンダーです。日本では北海道の富良野のラベンダー畑が有名ですが、ラベンダーには心を落ち着かせてくれる効果があります。また、カモミールは気持ちが高ぶったのを抑えてくれます。

これらのアロマを使うときにもっとも簡単な使い方は、やはり何かに染み込ませるという方法です。例えば、ハンカチやティッシュペーパーに染み込ませてみましょう。それを枕元に置いておくと効果が出やすいです。

このとき使い方で注意しておくことが、香りを強くしすぎないことです。香水などでも同じことが言えますが、あまりに強い香りは刺激となりストレスとなります。本来心を落ち着かせてくれるアロマが、逆に心を刺激してしまうのですね。ですから最初は控えめな香り、くらいから始めてみるとよいでしょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加