不眠改善のストレッチをしよう、睡眠導入のストレッチを紹介

スポンサード リンク

なかなか眠りにつけない、と感じている方。それは不眠症の一歩手前の、一過性不眠の状態かもしれません。特に入眠障害のような状態になってしまうと、相当にストレスがかかってしまいます。

そんな入眠障害の予防として、寝る前のストレッチが挙げられます。寝る前にストレッチをすると身体がリラックスしやすく、心のリラックスにもつながります。なかなか眠れないな、と感じてきたら是非寝る前のストレッチを習慣にしてみてください。

スポンサード リンク

それでは、ストレッチの紹介を少ししたいと思います。まずは、、リラックスして行なうことです。その日あった嫌なことなどは、なるべく頭から排除してしまいましょう。そして、ゆっくりと呼吸をします。肩を上げ下げして、下げるときに息を吐きます。

次に、仰向けになりましょう。そのまま手と足を広げて伸びをします。深呼吸しながらゆっくりと伸ばしていき、気持ちがよくなったところでゆっくりと力を抜きます。

次に、その状態から膝を抱えて力を入れます。太ももの裏側が痛いと同時に気持ちよくなったらその場で動きを止め、あとはゆっくり戻していきます。これを両足やりましょう。

最後に、手と足をぶらぶらさせます。このとき、仰向けになったままの状態で上にぶらぶら振るとよいです。これでストレッチは終了です。

所要時間は5分から10分です。気持ちをリラックスさせながら、ゆっくりとひとつひとつの動作を行なうことで効果が増しますので是非お試しあれ。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加