正しい睡眠に必要不可欠な睡眠習慣とは

スポンサード リンク

不眠症の予防には、なんと言っても正しい睡眠習慣をつけることが重要です。睡眠習慣とは、その人なりの睡眠のパターンのことを指します。不眠で眠れない場合、悪い睡眠習慣といえます。スッキリ眠れて翌日も快適ならいい睡眠習慣です。

それぞれ人によって時間は異なりますが、本人が満足しているという点は同じです。では、規則正しい睡眠習慣をつけるにはどうしたらよいのでしょうか。

スポンサード リンク

まずひとつは、毎日決まった時間に起きるということです。必ずしも同じ時間ではなくてもよいので、平日と休日の差を1時間半以上あけないようにしましょう。こうすることで、体内のリズムが1週間のうちに乱れてしまうのを防げます。

でも休日は少しゆっくりしたいものですよね。そんなときは、1度起きてから昼間に寝るようにしてみてください。昼間は、20分から40分昼寝をしても夜に影響はありません。

次に、日中の活動時間を適度に保つことです。デスクワークだという方は、昼休みに散歩をしてみましょう。帰りに一駅分歩いてみるのもよいかもしれません。日中の活動時間が適度にあるとほどよく身体が疲れて、眠りにつきやすくなります。

また、寝酒は控えるようにしましょう。夜はカフェインのないものをおすすめします。コーヒー、緑茶などは夕方から飲まないようにしましょう。

これらのことに気をつけると一過性の不眠はより治りやすく、そして不眠症になるのを予防することができます。是非、正しい睡眠習慣を身に付けてくださいね。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加