睡眠薬の種類や睡眠薬治療の副作用について紹介

スポンサード リンク

不眠症の治療は、大きく分けると2つになります。睡眠薬を使うものと、睡眠薬を使わないものです。もちろん、2つを同時に行なうという方法も取られています。ここでは、睡眠薬を使う治療方法について少し見てみましょう。

不眠症の治療に睡眠薬が使われる場合は、何らかの疾患がある場合がほとんどです。発熱などの身体疾患の場合は、それを直接抑える薬の他に睡眠薬を使用します。また、精神疾患の場合も同様で、睡眠薬を使用することが多いです。

スポンサード リンク

かつての睡眠薬の中には、依存性のあるもの、飲む量をあまりに多くすると死亡するものもありました。しかし、現在では安全な睡眠薬が開発され、睡眠に対する満足感を高めてくれるものがほとんどです。また、依存性も以前のものほどありませんので心配ないです。

睡眠薬には、いくつかの種類があります。例えば超短時間作用型、短時間作用型などです。超短時間作用型は2時間から4時間の効果があり、入眠障害にはうってつけの薬です。また、長時間作用するタイプのものは中途覚醒、早朝覚醒などの治療に使われます。

このように短時間で作用するか、長時間作用するかで種類が分かれます。処方したり使用する際には、ご自身の不眠症がどのタイプかを知らなくてはいけません。

これらの睡眠薬ですが、唯一の問題はやはり副作用です。朝まで薬が残っていると、副作用としてふらつきやめまいが出やすいのです。実際に、その副作用に悩んでいる人も数多くいるようです。その場合は医師と相談して、薬を変えてもらいましょう。同じ効用のある薬でも相性がありますので、薬を変えることで副作用も収まるかもしれません。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加