食べ過ぎによる下腹部が張るメカニズムと対策

スポンサード リンク

胃は通常の状態では体の外に見えるほど膨らむことはありません。ですが食べ過ぎると胃は膨らみます。そして同時に小腸などにも大量の食べ物が入り込み、体の外側からでもわかるくらいに膨らんでしまうのです。

これがいわゆる、ご飯を食べた後のお腹ぽっこりというものです。

スポンサード リンク

下腹ダイエット中の身にはなかなかきついものがありますよね。下腹ダイエットをするならご飯を食べてもわからないくらいに下腹をすっきりさせたいものです。

そのためにはまずは食べ過ぎないということが重要です。腹八分目という言葉があるように食べすぎは体によくありません。特に早食いの人は食べ過ぎになる傾向があるので気をつけてください。

人間の脳には満腹中枢というものがあり、そこから「もう食べなくても大丈夫」という信号が出されます。ただし食事を早くしてしまうと満腹中枢がそれに追いつかず必要以上に食べてしまうのですね。そうすると肥満の原因ともなります。

まずはゆっくりと食べることを意識することで食べる量を減らすことができます。

また、消化の面から言うと小腸が消化運動をしやすいようによく噛むということも重要です。1口につき30回を目安に噛んでみましょう。それだけでも大分食べる量、食べる時間が変わってくると思います。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加