直腸がんの手術後について、排便力が弱く便秘になりやすいです

スポンサード リンク

直腸がんの手術後は、排便・排尿・性の機能の障害が個人差はありますが、おこります。

手術後の排便

直腸がんの手術後、自然の肛門を残しても、便が思うようにでないことがあります。手術後は便を一時的にためる直腸がなくなっていて、神経もきれていたりするので、一度に便を押し出す力が弱いのです。これによって便秘となっていくケースもあります。

ですので、健康なときみたいに1日1回きちんと出るというようにはいきません。一回の排便の時間もかかるようになってしまうのは、しょうがないでしょう。

肛門近くに腸をつなぐ手術は、回復にも時間がかかります。手術後2〜3年経過しても、1日に3〜4回など、トイレにいかなくてはならないこともあります。

回復は、残っている直腸が長ければ長いほどよく、年齢が若ければ早くよくなっていきます。通常は、半年〜2年または3年くらいで、改善されていきます。

スポンサード リンク

手術後の排尿障害

直腸がんの手術後に尿がでずらくなってしまうことがあります。

手術後排尿障害 原因その1=手術の時に膀胱のはたらきの自律神経が傷ついてしまうためです。神経が完全にのこれば、前とおなじように排尿できます。また、一部しか残せない状態でも、術後3〜4週間くらいで自然に排尿できます。

手術後排尿障害 原因その2=手術すると膀胱のかたちが変わるためです。直腸を取ってしまう手術は、膀胱がからっぽになって、うしろに倒れたかたちになって、尿道の出口で曲がり流れなくなります。

そのような原因でいつも膀胱に尿がたまっていたりすると、膀胱炎をおこしてしまい、膀胱の収縮が悪くなってしまいます。

手術後の排尿障害の対策

神経が一部でものこっているなら、一時的に尿がでなくても、導尿を続けるとそのうちにでるようになっていきます。導尿=膀胱に細い管をいれてだす方法です。

通常1〜2ヶ月くらいででるようになっていきますが、個人差もあり半年くらいかかる場合もあります。自分で尿をだすことができない場合は、膀胱留置カテーテルを留置することになります。自尿のあるなしをチェック後、自尿があれば膀胱留置カテーテルをやめて、自己導尿にします。

早く回復をできるように、薬物投与、針治療が行われ、それらはとても有効です。膀胱に、尿がたまりすぎてしまって、筋肉がのびきり、尿をだしたあとも、収縮する力がなくなったり、繰り返す炎症があると収縮しなくなり、回復が不可能になってしまいますので、気をつけましょう。

術後2ヶ月が経過しても、自尿(自分で尿を出す)がないような場合は、泌尿器科に行きましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加