便やおならが臭い人は体臭も…腸内異常発酵とは

スポンサード リンク

腸内異常発酵で便やおならが臭くなる

腸内が異常発酵すると、便やおならの臭いがとても臭くなります。「腸内異常発酵」とは、食べたものが腸内で腐り、悪玉菌が繁殖し、悪臭を放っている状態です。

異常発酵を起こしている腸内は、当然悪玉菌が優勢になっており、便やおならの臭いが大変きついはずです。

便やおならのにおいを解消するには、速やかに善玉菌を増やすべく乳酸菌を摂ることです。

カゼで腸内異常発酵、便やおならが臭う腸内異常発酵が起こるのは、いろいろな原因がありますが体内にウイルスが侵入してカゼを引いたときなどは、悪玉菌が増殖しやすく腸内異常発酵を起こしやすくなります。
また加齢により、お腹の筋力が衰えると便を押し出す力が弱くなりますので、便秘になりやすく、高齢者は腸内異常発酵を起こしやすくなります。
いずれにせよ便秘を解消する、または悪玉菌を駆逐するため、善玉菌を増やすよう、北の大地の天然オリゴ糖など善玉菌のえさとなる食べ物を摂るようにしましょう。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加