中途覚醒とは?原因を知って改善につなげよう

スポンサード リンク

不眠症の中で、最も多くの人がかかりやすのが「中途覚醒」です。これは、一旦は眠るものの途中で起きてしまうという症状です。ポイントは、早朝ではなく夜中に起きるパターンが多いということです。

中途覚醒は、日本人の15%が一度は悩んだことのある症状だといわれています。そして、その原因はいくつかありますので見ていきましょう。

スポンサード リンク

まずひとつは、アルコールです。アルコールを摂取するとトイレに行きたくなりますよね。ですから、お酒を飲んだ日は頻尿になって夜中にトイレに起きてしまい、眠れないこともあるかと思います。アルコールを摂取した日だけであれば、一過性の不眠ですのでお酒の飲み方に気をつければ大丈夫です。

次に、睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時に低呼吸となるこの病気では、夜間頻尿という症状がみられます。睡眠時無呼吸症候群になると、集中力の著しい低下や起床時の頭痛などその他の症状も出てきますから注意してください。

原因は様々で、舌が気道をふさいで低呼吸になったり、枕が頭とあって無くて気道が狭くなったりという原因があります。鼻が詰まりやすくて低呼吸になることもあります。

それぞれ心当たりがあればそこから改善してみましょう。鼻が詰まりやすいなら鼻づまり対策からスタートすれば良いのです。

次に、周期性四肢運動障害です。これは寝ている間に足がつってしまい、それが原因で目覚める病気です。足がつるのは基本的に疲労の蓄積などにより、血流が悪くなって起こる減少です。ですので、まずは全身の血流をよくするようマッサージをしたり、疲労を回復するようつとめてみましょう。

中途覚醒の裏側には他の病気が隠れていることが非常に多いので、常日頃から身体の状態をチェックしておくとよいでしょう。また、検証結果からはどんな病気が絡んでいるにせよ、ストレスが溜まっている状態だと中途覚醒が起きやすい事がわかっています。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加