うつと不眠の関係、解消や改善方法とは

スポンサード リンク

うつは心の風邪と呼ばれるくらい、ポピュラーな病気になってきましたね。実際、日本人の場合は5人に1人は生涯のうちで1回はうつにかかるといわれています。

うつの原因は、ほとんどがうストレスによるものです。自分でも知らないうちにストレスを溜め込んでしまい、ある日糸が切れたようにやる気がなくなってしまうという特徴があります。うつは回復までゆっくりと休んで、徐々にもとの生活に戻していく必要のある病気でもあります。

スポンサード リンク

うつの症状のひとつとして、不眠症があります。うつの人は、過緊張になりやすいのです。過緊張により交感神経が働きすぎの状態になり、身体も頭も興奮した状態で眠れなくなってしまいます。うつと不眠の関係はこのようになっているのです。このような場合は、やはりうつを治すのが最善です。

うつを治すためには、心療内科や精神科を受診して投薬治療を受けながら、カウンセリングなどで心の中の自分との付き合い方を学んでいきましょう。うつは本来精神科で対応するのですが、現在では心療内科でもうつを診てくれる所が非常に多いです。精神科はちょっと…という方は一度心療内科に足を運んでみてください。

また病院に行かなくても本などで知識を得て、自分で治すことも可能です。書店に行ってみましょう。ちなみにネットはおすすめしません。検索したときに、うつの人を追い込むような、心無い書き込みや記事が平気で目にするからです。

やはり専門家の方の、内容がまとめられて校正された書籍が一番です。

もちろん、うつ以外の病気でも不眠症は起こります。代表的なものに、社会不安障害を始めとした神経症があります。これもうつと同じように、過緊張になってしまい不眠症が起こります。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加