ヨガで下腹部の脂肪と骨盤の歪みを改善しよう

スポンサード リンク

最近流行りのヨガには骨盤矯正の効果があるといわれています。下腹が出てしまう人の中には骨盤が前へ出ているという人も少なくありません。そのため、骨盤を矯正することは下腹ぽっこりの予防、解消にもなるのですね。

ヨガも一種の下腹ダイエットといえるわけです。

スポンサード リンク

さて、そんなヨガですが最近ではスクールのほかに自宅でヨガを楽しむ人も増えてきています。気軽にヨガを楽しめるようなDVDや本も多数販売されています。是非気軽にヨガを楽しんでください。

では、具体的にはどんなポーズが下腹に効くのでしょうか。骨盤を矯正する効果が特に高いといわれているのは「ねじりのポーズ」と呼ばれるものです。足を伸ばした姿勢で腰を落とし、ゆっくりと座ります。

そして右足と左足を交差させます。このとき、上に来た足と同じほうの手をひざに当てましょう。そしてもう片方の手を尾てい骨の前に置きます。背筋を伸ばしてお腹を引っ込めます。

このとき、息を吐きながらお腹を引っ込めるようにしましょう。そして上半身全体を回転させるようにしながら体をねじります。このときは背筋を鍛えるようなつもりで行なってみてください。

更に体をねじっていきます。今度はお腹を鍛えるような気持ちでねじりましょう。自分の限界までねじったらゆっくりと体を元に戻して逆をやります。

スポンサード リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加